消費者行政に関する鳥取中部ふるさと広域連合長の表明

 インターネットの普及により、多種多様な商品やサービスが提供され利便性が向上する一方で、特殊詐欺や悪質商法等の手口が複雑かつ巧妙化し、若年層から高齢者までの誰もが消費者トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 このような状況の中、地方消費者行政活性化基金等を活用し、専門の相談員を配置した中部消費生活センターを開設し、住民からの相談に対応しています。また、消費者トラブルを未然に防止するため、広報紙、ホームページ、ケーブルテレビ等による情報発信や、出前講座等による住民への啓発活動を行っています。

 本広域連合は、中部圏域(倉吉市・湯梨浜町・三朝町・北栄町・琴浦町)の住民が安心・安全な消費生活を実現するため、今後も消費者行政の推進に継続して取り組んでまいります。

 

 万一消費者トラブルにあった場合には、一人で悩まず一刻も早く中部消費生活センターへご相談くださいますようお願いします。

 

  平成30年8月1日

                    鳥取中部ふるさと広域連合長 石田 耕太郎

カテゴリー: 生活・サービス