倒れている人を見たら -心肺蘇生の手順

 

(1)肩をたたきながら声をかける

(2)反応がなかったら、大声で助けを求め、119番通報とAED搬送を依頼

 

(3)呼吸を確認する

 

(4)普段どおりの呼吸がなかったら、すぐに胸骨圧迫を30回行う

 

(5)胸骨圧迫の後、人工呼吸を2回行う

 

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回を繰り返して行います。

 

次のような場合で、人工呼吸を行えないとき胸骨圧迫を続けます。

 ・口対口の人工呼吸がためらわれる場合

 ・一方向弁付人工呼吸用具がない場合

 ・血液や嘔吐物などにより感染危険がある場合

 

 

※人工呼吸用マウスピース等を使用しなくても感染危険は極めて低いといわれていますが、感染防止の観点から、人工呼吸用マウスピース等を使用したほうがより安全です。

 

心肺蘇生のまとめ

位置

胸の真ん中

(目安は胸骨の下半分)

方法

両手

(体型によっては片手)

深さ

少なくとも5cm

(深さは体格に合わせる。目安は小児は胸の3分の1、

小学校高学年ぐらいの体格なら5cm)

テンポ 少なくとも100回/分

胸の上がりが見える程度
時間 約1秒
回数 2回

胸骨圧迫と人工呼吸の組み合わせは30:2

 

応急手当の方法は、さまざまな研究や検証を重ね、原則5年に1度、より良い方法へ改正されています。新たな応急手当の方法は、それまでの方法を否定するものではありません。大切なことは、目の前に倒れている人を救うために「いま自分ができることを行う」ことです。緊急の事態に遭遇したときに適切な応急手当ができるように、日ごろから応急手当を学び、身につけましょう。

 

 

 

カテゴリー: 消防情報