訪問業者による悪質な点検・販売

 

 最近全国各地において、主にスーパー、工場、学校等で、巧妙な手口により消火器の点検や薬剤の詰め替えを行い、高額な代金を請求するといった被害やトラブルが発生しています。

 中部地区では、数ヶ所の事業所が被害にあっています。消火器点検の際には、あらかじめ契約内容、料金等を確認するなど充分注意してください。

 

訪問点検業者の手口は…

(1)出入りの業者を装い信用させ、点検の許可を得ると承諾書を装った「契約書」に署名・押印を求めてきます。

(2)点検する消火器を素早く集め、点検・作業を始めます。

(3)作業が終わると、料金を請求します。

(4)支払いを拒否すると、脅迫的な言動をとったり、消火器を持ち帰ってしまい、返却されないこともあります。

  (消火器を持ち帰った場合、保管料を請求するケースもあります)

 

被害にあわないためには!

・契約業者であるかどうか、社員証等により確認して下さい。

・防火管理者又は責任者に連絡し、最近の点検状況(点検済)を確認して下さい。

・契約書等に署名・押印する前に、必ず記載内容を確認して下さい。

・消火器の点検や詰替えのため、業者が消火器を持ち帰る場合は、必ず代替えの消火器を設置させて下さい。

・代金はその場で支払わないようにして下さい。

・普段から社員や従業員に対し、悪質な点検・販売業者の来訪に注意するよう周知徹底して下さい。

・業者を不審に思った場合は、直ちに最寄りの消防署に連絡して相談して下さい。

カテゴリー: 消防情報