容器入りのガソリン等を購入される方に対する本人確認等について

容器入りのガソリン等を購入される方に対する本人確認等について

ガソリン等の適切な使用を確保し、火災予防を徹底するため、物品販売店舗等で容器入りガソリン等(ホワイトガソリン、混合燃料油など)を1人に対し合計10リットル以上を目安として販売する場合、下記の事項に留意いただき、販売時の本人確認等についてご協力をお願いします。

また、本人確認等を行う際、氏名、住所、使用目的等を明らかに拒否する等、顧客の言動等に不審な点がある場合は、警察署へ通報をお願いします。

 容器入りのままで販売されるガソリン等の適切な使用の確保等について(令和2年3月11日付け消防危第60号)

ガソリンを容器に詰め替えるときの確認等に係る運用要領について(令和元年12月20日付け消防危第197号)

【リーフレット】容器入りのままで販売されるガソリン等の適切な使用の確保等について

1.顧客の本人確認について

 運転免許証その他の公的機関が発行する写真付きの証明書により本人確認を行って下さい。

 

2.使用目的の確認について

 販売注文書などを利用し、使用目的を確認してください。

 

3.販売記録の作成について

 次のいずれかの方法により記録してください。

 ① 販売記録は台帳の作成

 ② 販売注文書の保管

 ③ 購入者の氏名などを記載したレシートや領収書などを保管

  販売記録台帳様式(例)

  販売注文書(例)

 

4.その他

容器入りガソリンとは
  1. 日本産業規格における、JISK2201の工業ガソリンもしくはJISK2202の自動車用ガソリンに相当するもの、またはこれを主成分とする第4類第1石油類の危険物であるもの(ホワイトガソリンや混合燃料など。)
  2. 容器の最大容積が500ミリリットル以下のものを除く。

 

このページについてのお問い合わせ先

0858-29-5127 (予防課危険物保安係)
カテゴリー: お知らせ