消防救急活動における感染防護対策について

   消防救急活動における感染防護対策について

 

鳥取中部ふるさと広域連合消防局では、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を強化し、救急活動を実施しています。また、保健所の指示を受けた中での適切・安全・迅速な救急対応を行っております。

 

感染防止のための装備・対策

 

①通常の感染防護

 

      

 

 

②鳥取県版新型コロナ警報で中部地区に警報以上が発令の場合(①から変更した物

 

    

 

③コロナ関連事案(疑い含む)と判明した場合の感染防護(②から変更した物

 

    

    

 ※コロナ関連事案(疑い含む)とは、鳥取県の新型コロナウイルス感染症特設サイトで掲載されている感染警戒地域の一覧で、感染注意地域(Ⅲ)以上の地域の方と接触した場合、もしくは感染留意地域(Ⅱ)以下の地域で発熱・呼吸苦・倦怠感等の症状がある場合において判断しています。コロナ関連事案はあくまでも疑いも含みますので、コロナ関連事案=陽性者ではありません。誹謗中傷のないようにお願い致します。

 

救急活動中のお願い

 

・救急活動中、室内の換気のため窓の開放をお願いする場合があります。

・救急搬送中、車内の換気のため窓の開放や換気扇を使用しながら、換気を行うことがあります。

・傷病者ご本人や救急車に同乗される方には、マスクの着用をお願いすることがあります。

 

※傷病者を医療機関へ収容した後は、救急車内や使用した資器材の消毒を適切に行ってから、次の救急出場に備えます。

 

みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

鳥取中部ふるさと広域連合消防局 警防課

 

カテゴリー: 消防情報