盛り上げ部会合同例会を開催しました

 令和元年11月28日(木)に、盛り上げ部会合同例会を開催し、中部の小学生の美術作品約5千枚を組み合わせたモザイクアートのお披露目と美術館事業に関する講演会を行いました。

 モザイクアート事業は、盛り上げ活動の一環として、地域の次代を担う子どもたちからその家族にも美術館への関心が波及するようにと実施し、2作目となる今回は、モザイクアートを通じて県民の輪がさらに広がるように、より多くの子どもたちの作品を集めました。

 講演会では、部会の活動の一助となる学びや気づきの機会につなげるため、ベネッセアートサイト直島のアーティスティックディレクターや地中美術館館長、金沢21世紀美術館館長を歴任され、アートを通じて地方の新たな魅力を創出してこられた実績をお持ちの秋元先生に講演いただきました。

 盛り上げ部会では、今後も広告塔としての使命を果たせるよう活動を行っていきます。

 

内容

①モザイクアート完成披露

②講演会

 講師  秋元 雄史 氏(東京藝術大学大学美術館館長)

 演題  「美術館で町おこし」

 

完成したモザイクアート

(ダビンチ没後500年の節目にちなみ

「最後の晩餐」を作成)

秋元先生の講演の様子