盛り上げ部会合同例会を開催しました

 令和2年10月27日(火)に、盛り上げ部会合同例会を開催し、盛り上げ部会員一同がより一層美術館への想いや理解を深め今後の活動を通して地域の方々にその想いを伝播していくための学びの場とすることを目的に、講師による講演会等を行いました。

 はじめに、鳥取県教育委員会事務局 美術館整備局長 加藤 礼二 氏より県立美術館の現況報告を頂いたあと、鳥取県立美術館整備運営事業について、「鳥取県立美術館パートナーズ株式会社」の構成企業である大和リース株式会社 和田 琢磨 氏より、美術館への想いや今後の美術館建設の展望と完成後の地域との関わりをテーマにご講演を頂きました。

 また、盛り上げ部会の3団体の1つである鳥取県中部中小企業青年中央会長 渡邉 德和 氏より、令和3年3月20日(土)に開催予定の「Art Academy -2021- とっとり」の事業説明を行いました。この事業は、「いましかできないことをやろう!」を合言葉に、建設地であるラグビー場にて様々なワークショップを開催するイベントを企画しております。

 盛り上げ部会は、これからも鳥取県立美術館と共に歩み、広告塔としてまた地域との架け橋として大きな使命をもち活動して参りますのでよろしくお願いします。

 

内容

①現況報告

 説明者 加藤 礼二 氏(鳥取県教育委員会事務局美術館整備局長)

②講演会

 講師  和田 琢磨 氏(大和リース株式会社)

 演題  「県立美術館の今後の展望と完成後の地域との関わり」

③事業説明(3/20開催事業について)

 事業名 「Art Academy -2021- とっとり」

 説明者 渡邉 德和 氏(鳥取県中部中小企業青年中央会長)

 

大和リース株式会社 和田氏の講演の様子