鳥取中部ふるさと広域連合

【注意】死傷者を伴う火災が頻発しています

1月以降に死傷者を伴う火災が3件発生しています。死者2名、負傷者4名。

 今年の1月以降に発生した火災は2月15日現在5件で、そのうち4件は住宅において発生した死傷者を伴う火災でした。

 また、この4件の火災で2名が死亡、4名が負傷されています。

火災が発生しにくい環境つくりをしましょう。

 火災の原因は様々ですが、住宅火災において特に多いのはこんろ、たばこ、電気機器、放火が原因の火災です。

 火災を発生させないために、以下のことに注意しましょう。

こんろ火災を防ぐために
  • こんろを使用している時は絶対にその場を離れない。
  • こんろの近くに燃えやすい物を置かない。
  • ガス臭い等、異常があれば使用を中止し、業者に点検を依頼する。
  • IHこんろの場合は、適応する調理器具を使用し、調理内容に応じた適切なモードを選択する。
たばこ火災を防ぐために
  • 吸い殻は水につけるなどして確実に消火してから捨てる。
  • 寝たばこは絶対にしない。 
  • 灰皿に吸い殻を溜めず、定期的に清掃する。
電気機器火災を防ぐために
  • タコ足配線をせず、決められた電気容量を守って使用する。
  • コンセントの差込み部分を定期的に清掃する。
  • コードは束ねたままではなく、必ず延ばして使用する。
  • コードは過度に折り曲げたり、重い物を乗せたりしない。
  • 機器に発熱等の異常があれば使用を中止し、購入店舗等に点検を依頼する
放火を防ぐために
  • 家の周りに燃えやすい物を置かない。
  • 街灯や門灯等で家の周りを明るくする。

 

カテゴリー: お知らせ