あなたの家の防火チェック! ~日頃から注意しましょう~

あなたの家の防火チェック!!

火災原因は家のいたるところに隠れています。

日頃から以下のことに注意して、火災予防に努めましょう。

 

キッチン

■こんろ(天ぷら油など)注意
 ①揚げ物中、電話や来客などでこんろのそばを離れない。(その場を離れる時は必ず火を消す)
 ②こんろの周りには、燃えやすい物を置かない。
 ③こんろは、壁やカーテン等との間に、十分な距離をとっておく
 ④こんろや換気扇等にこびりついた油汚れ等は、こまめに清掃する。
 ⑤傷んだり、古くなったガスホースは、早めに取り替える。
 ⑥使い終わったらガスの元栓を締める。

 ※天ぷら油が燃えだした場合は、急激に炎が拡大する危険がありますので絶対に水をかけたり、

  ぬれた野菜などを投げ込んではいけません。

①-2

 

居屋・寝室など

■コンセント・配線注意
 ①たこ足配線をしない。
 ②使用しない機器のプラグはコンセントから抜いておく。
 ③コードを物の下敷きにしない。
 ④劣化、破損したコードやプラグは使用しない
 ⑤コンセントのプラグに溜まった水分やほこりなどは取り除く。
  (ほこりや水分などがコンセントのプラグに溜まると、

   トラッキング現象を起こして火災になる場合があります)
 ⑥素人工事をしない。
 ⑦コードを束ねたり、ねじれたままの状態で使用しない。
 ⑧機器や配線等は定期的に点検する。

 ⑨アイロン等のスイッチの切り忘れに注意する。

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/sa02

 

 

■ストーブ注意
 ①まわりには、燃えやすい物を置かない。
 ②壁やカーテン等との間に十分な距離をとっておく。
 ③外出前や寝る前には必ず火を消す。
 ④ストーブで洗濯物を乾かさない。(本来の用途以外で使用しない)
 ⑤点火後は、炎の確認・調節を行う。
 ⑥灯油を補給する時は、必ず火を消す。
 ⑦カートリッジタンクの蓋は、しっかりと締めておく。(故障していないか)
 ⑧火をつけたまま、持ち運ばない。

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/yobou kikenbutu stobu

 

■たばこ注意
 ①寝たばこはしない。
 ②火のついた「たばこ」を置いたままにして、その場を離れない。
 ③吸い殻は確実に消す。
 ④灰皿に吸い殻をためすぎない。(吸い殻をこまめに片付ける)
 ⑤灰皿は安定性のあるものを使用し、水を入れておく。
 ⑥吸い殻を、くずカゴ等に捨てない。

 ※たばこによる火災は、一定時間くすぶってから出火することが多く、

  熟睡時等には火災に気付くのが遅れ、大惨事を招く恐れがあります。

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/002 08c

 

お風呂

■風呂の空焚き注意
 ①風呂を沸かす時は、浴槽の水を確認する。
 ②浴槽に水漏れがないか点検する。
 ③使用後は、たね火の消し忘れやガス栓の締め忘れがないか点検する。
 ④風呂がまの発熱部は、壁等との間に十分な距離を取っておく。
 ⑤風呂がまの発熱部の近くに、燃えやすい物を置かない。

 

 

その他

■子供の火遊び注意
 ①子供の手の届くところにマッチやライターを置かない。
 ②子供に火の恐ろしさなどの防火の教育をする。
 ③子供だけで、花火やたき火をさせない。

 ※子供は、好奇心が非常に強く、親の仕草をまねてみたくなるものです。
  しかし、危険性や安全性までを考えているわけではありません。
  火災はもちろん、火傷などのケガからも大人が注意して守ってあげてください。

 

irasuto-gaisyutu

 

 

■放火注意
 ①家のまわりに燃えやすいものを置かない。
 ②ごみは、収集日や収集時間などルールを守って出す。
 ③家のまわりはできるだけ明るくする。
 ④物置、車庫等には必ず鍵をかける。
 ⑤就寝前や外出時には必ず鍵をかける。
 ⑥郵便受けに新聞やチラシなどを溜めない。
 ⑦自動車や単車などのボディーカバーは、燃えにくいものを使う。
 ⑧家族で放火防止について話し合う。
 ⑨日頃から隣近所で声をかけあって注意し合う。

 ※放火を防ぐには、地域ぐるみで「放火されない環境づくり」に努めることが大切です。

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/houkairasuto

 

 

カテゴリー: お知らせ