災害・非常時のために準備をしておきましょう

災害・非常時のために準備をしておきましょう

 

食料・飲料などの備蓄はしていますか?

電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておきましょう。

 

食料・飲料・生活必需品などの備蓄例(人数分用意しましょう)

 

●飲料水 3日分  ※一人あたり1日3ℓが目安

●非常食 3日分

  ごはん(アルファ米など)、缶詰、ビスケット、板チョコ、乾パンなど

●生活必需品

  トイレットペーパー、ティッシュペーパー、生理用品、マッチ、ろうそく、カセットコンロなど

 

飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活水も必要です。

日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意したり、お風呂の水をいつも張っておくなど、いざという時の備えをしておきましょう。

 

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/bs01 08 1

 

 

 

非常用持ち出しバッグの準備できていますか?

自宅が被災したときは、安全な場所に避難し、避難生活を送ることになります。

非常時に持ち出すものをリュックに詰めておき、いつでもすぐ持ち出せるようにしておきましょう。

 

非常用持ち出しバッグの内容例(人数分用意しましょう)

●飲料水

●食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

●貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

●救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液常備薬など)

●ヘルメット、防災ずきん

●マスク

●軍手

●懐中電灯

●ライター

●ナイフ

●衣類

●毛布、タオル

●携帯ラジオ、予備電池

●携帯電話、スマートフォンの充電器

●使い捨てカイロ

●ウェットティッシュ

●洗面用具

●携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙オムツ、哺乳瓶なども用意しておきましょう

 

 

↓こちらもご覧ください↓

非常用持ち出し品チェックシート(消防庁)

 

 

/home/kouiki chubu/www/src/wp content/uploads/2016/09/365815 560x340

 

 

 

家族内で、いざというときの安否確認方法を決めていますか?

災害時には、携帯電話の回線がつながりにくくなり、連絡が取れない場合があります。

いざというときの安否確認方法、集合場所など事前に話し合っておきましょう。

 

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の番号を知っている人が伝言を再生できます。

 

災害用伝言番

携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている人が情報を閲覧できます。

 

 

 

最寄りの避難場所、確認していますか?

災害が起こったときのため、最寄りの避難場所がどこにあるか事前に確認しておきましょう。

 

【指定避難場所一覧(各市町サイト)】

 ●倉吉市

  ・指定避難所一覧

  ・指定一時避難所(緊急一時避難場所)一覧

 

 ●三朝町

  ・避難地図(三朝町全域)

  ・避難地図(小鹿地区)

  ・避難地図(三徳地区)

  ・避難地図(三朝地区)

  ・避難地図(高勢地区)

  ・避難地図(賀茂地区)

  ・避難地図(竹田地区)

 

 ●湯梨浜町

  ・避難所一覧

  ・洪水ハザードマップ(湯梨浜町全域)

  ・洪水ハザードマップ(羽合)

  ・洪水ハザードマップ(泊)

  ・洪水ハザードマップ(東郷)

 

 ●琴浦町

  ・避難場所等一覧

 

 ●北栄町

  ・指定避難所、指定緊急避難場所一覧

 

 

【指定避難所とは】

 災害によって避難生活を余儀なくされた際に、避難生活を行う場所

 

【指定一時避難場所(緊急一時避難場所)とは】

 災害時の危険を回避するために一時的に避難する場所

 

 

 

避難準備、避難勧告、避難指示について

避難準備、避難勧告、避難指示・・・どのような意味を持つか知っていますか?

 

●●● 避 難 準 備 情 報 ●●●

被害が発生する可能性が高まっている状態です。

高齢者、障がい者、幼児など、避難に時間がかかる方は避難を始めます。

周りの方は支援してあげてください。

通常の避難が出来る方は、家族との連絡や、非常持出品の用意など避難の準備をしてください。

 

●●● 避 難 勧 告 ●●●

被害が発生する可能性が明らかに高まった状態です。

通常の避難ができる方も、避難を始めなければなりません。

決められている避難場所などへ避難を開始してください。

 

●●● 避 難 指 示 ●●●

被害が発生し始めている状態、または被害が発生する危険性が非常に高いと判断された状態です。

すぐに避難場所へ避難を完了させてください。

屋外が危険な場合は、自宅や近くの建物の2階などに避難し、安全を確保してください。

 

 

※避難が必要だと感じたら、勧告を待たず自主的に避難を開始してください。

 

 

 

 

 

カテゴリー: 消防情報