倒れている人をみたら - AEDの使い方

(1)AEDが到着したら

まず、電源を入れる。

※ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。

 

(2)電極パッドを胸に貼る

電極パッドを貼る位置は電極パッドに書かれた絵のとおりに、皮膚にしっかりと貼ります。

体が汗などで濡れていたら、タオル等で拭き取ってください。

※小学校に上がる前の子供には未就学児用パッドや未就学児モードを使用します。

 未就学児用パッドがなければ、小学校~大人用パッドを代用します。

 

(3)電気ショックの必要性は、AEDが判断する。

心電図解析中は、傷病者に触れてはいけません。

 

 

(4)ショックボタンを押す    ※ショックボタンのないAED(オートショックAED)もあります。

誰も傷病者に触れていないことを確認してください。

 

 

誰も傷病者に触れていないことを確認後、点滅しているショックボタンを押します。

 

 

以後は、AEDの音声メッセージに従います。

 

 

※心肺蘇生とAEDの手順は、救急隊に引き継ぐか、何らかの応答や目的のあるしぐさ(例えば、嫌がるなどの体動)が出現したり、普通通りの呼吸が出現したりするまで続けます。

カテゴリー: 消防情報