119番通報等における多言語通訳の運用について

 鳥取県中部地区を訪れる外国人観光客や留学生、労働者など日本語によるコミュニケーションが困難な方からの119番通報及び災害現場の対応については、消防職員の語学力や外国人救急確認カード等を活用して対応しています。

 119番受付及び災害現場での対応を円滑に行うため、民間通訳業者により3者同時通訳サービスを用いた19ヵ国語通訳体制の運用をしています。

 

運用開始日

平成28年4月1日(金)

運用内容

対応言語

 

【19言語対応】

英語、中国語、韓国語、フランス語、タイ語、ベトナム語、インドネシア語

ポルトガル語、スペイン語、ロシア語、ドイツ語、イタリア語、タガログ語

ネパール語、マレー語、ミャンマー語、クメール語、モンゴル語、シンハラ語

 新しいビットマップ イメージ

 

対応時間

24時間365日

通話体制

①119番通報対応時

②災害対応時

 救急現場等で活動を行う消防職員と通訳センター間、又は外国人と通訳センター間の2者通話で通訳を行う。

通報手順

1 近くに日本語の話せる方がいたら通報を依頼する。いなければ自分で通報する。

2 携帯電話または固定電話から119番通報をする。

3 指令センターに繋がったら「火事(kaji)」か「救急(Kyu Kyu)」かを伝える。

4 消防車または救急車が向かう住所(Juusho)、名前(Namae)、あなたの話す言語(Gengo)を伝え

  る。

5 指令センターが通訳センターに繋ぎますので、そのまま電話を切らずにお待ちください。

 

外国人のための119番通報手順・119番通報メモ

 

イメージ図

新しいビットマップ イメージ (2)

このページについてのお問い合わせ先

消防局 指令課

電話 0858-29-5124 FAX 0858-29-7750

カテゴリー: 消防情報